大阪のオフィスデザインの特徴とは

大阪は古くから日本最大の商業都市として栄え、現在でも非常に活気のあるビジネス街でもあります。その為、多くの企業が営業所を構えており、激しい競争を行っている地域でもあります。その為、この地域でのオフィスデザインは仕事のしやすさとともに、アピール力の高い物が好まれる傾向にあります。商品を作り販売することを一連の作業として捉え、オフィス自体を展開する傾向があります。従来のオフィスは外部から遮断される傾向にあり、業務効率が優先させる傾向にありました。しかし、そのオフィスでは外部に対するアピール力が非常に弱く、また対外的に印象が薄くなってしまう傾向が有ります。そのため、通常のオフィスに比べ開放的で親しみやすく、またアクセスのしやすい雰囲気とするのが特長です。

開放的な雰囲気のオフィスデザインのメリットと注意点

開放的なオフィスのメリットは第一に顧客に対して印象が強いことです。外見がガラス張りになっている場合も多いため仕事をする様子が外からでも見えるようになっており、親しみやすい反面、常に見られているという緊張感がある為 作業効率が高まる傾向があります。さらに社内の作業がそのまま広告宣伝効果を発揮するため、効果的に利用することで宣伝媒体を用いなくても浸透力の高い広告宣伝ができるところに大きな特徴があります。これは大阪に於けるビジネススタイルに非常に適合しているものです。このようなオフィスを効果的にデザインするためには外に見せる部分とみせない部分をレイアウトで上手に制御することが重要になります。すべて見える状態では働く社員の息抜きができない状態になる上、セキュリティ面からも大きな問題となる事があります。その為、その両立を考慮したデザインが必要になります。

大阪のオフィスデザインのポイントとは

大阪のオフィスデザインのポイントとは開放的な以外にも重要なものがあります。それは高い作業効率です。せっかちで迅速さが求められる関西の風土がそのまま反映されるもので、業務効率を高めるためにさまざまな配慮がされているのです。一般的にオフィスのレイアウトを行う場合には業務効率を重視し、机の配置を含めさまざまな什器の配置を効率的にレイアウトするものです。その上で関連の深い部署を隣接させたり、移動の際の動線を考慮して最適なレイアウトを行います。この基本的な考え方はアピール力を高めるためのオフィスのデザインに於いても非常に重要な要素となります。美しいレイアウトと効率の良い人の動きはきびきびとした印象を与えるため、企業イメージを高めることに繋がります。又、この要素は対外的には高い広告宣伝効果を生み出すことにも繋がります。