大阪のオフィスデザインの傾向とは

オフィス移転や見直しの際には現状の問題点の把握からオフィスレイアウトに至るまで考えなければならなくて準備事項や注意事項は多く存在します。しかし最初から綿密な計画を行うには無理もあります。よってまずは大まかなところから始め、余裕を持って行動するのが良いとされています。そこで働く従事者の満足度や事務機器の使用状況などを調査し現状の問題点を洗い出すことが大切とされています。大阪でオフィスデザインを行う際には電気設備や照明器具、空調設備や消防法などの建築法規などの規制もかかってきますので十分に注意して進めて行く必要があります。そして最近の傾向としてはコンサルタントの費用は無料という場合も多いようで、これを依頼する場合は電話から相談が行われるようになっています。

大阪でオフィスデザインを行う場合は

最初はオフィスの調査から始まり問題点などを把握して目的と動機を明確にします。新しいオフィスに対する要望の聞き取り調査が行われます。それと並行して企業戦略がどういうものであるのかもヒヤリングが行われます。オフィスレイアウトやデザインは分かりやすく伝わるように平面図に加えてCGを使ったプレゼンテーションが行われます。この方法では雰囲気とかカラーコーディネートがご要望にそってうまく空間に反映されているかどうかが分かり適切な判断を仰ぐことが可能となります。これらで提示できるプランは数種類前後可能で全てこの段階までは無料となっています。そしてどのようなポイントに基づいてレイアウトがなされたのかのポイントが説明され、その中からお気に入りのものが出来た場合には見積書が提出されます。

その後の各種の工事や工程については

大阪でオフィスデザインを依頼する場合は内装工事や建築設備工事もかかわって来ますし電話とかインターネット回線などの配線工事も関係して来ます。さらにはセキュリティ工事も大切な工事内容になります。内装のデザインもこの際に見直しを行うのがチャンスとされています。そして企業のCIに基づいた変更を行うことで企業イメージの価値を高め他の企業との差別化も図れることになります。オフィスの床は配線が多く敷設されるためにタイルカーペットが多く用いられ、壁のクロスは高級感を出すために布クロスが多く利用されます。受付やエントランスのカウンターは既製品ではなくオーダー品の場合が多くなっています。その際は素材や色使いにも配慮して最適なものが提案されます。その他空調や防災、パーティションの計画と共に省エネにも配慮され、これらトータルな工事がサポートされます。

総合的なオフィスデザインを通じてクライアント様の業績向上に貢献し、お役に立てるよう尽力することが当社の強みです。 我が会社は、オフィスデザインやオフィス内装をデザインから工事までやり、皆様にお求め易いお値段で手を打ちます。 オフィスの原状回復工事は1000件以上の実績がございます。 ブランディングを高めるためのオフィスのレイアウトをデザインいたします。 オフィスデザインを大阪でしてみませんか